メニュー

院長ブログ

糖尿病から糖尿病網膜症へ、その道のりは。(2019.02.25更新)
こんばんは。身代わり蛙です。今朝は、中央総武線で停電事故があり、28万人の方々が影響を受けられ大変な一日を過ごされた方も多いかと思います。また、多方面の受験生に影響がでたとのことで、「受験生ガンバレ」… ▼続きを読む

ヘルペス角膜炎・目の帯状疱疹について(2019.02.23更新)
こんばんは!身代わり蛙です。今日2回目の投稿です。ヘルペス(単純疱疹・帯状疱疹)というと、皮膚領域の病気と考えがちですが、、実は、目にもヘルペスをきたすことがあるのです。以下帯状疱疹の方にしぼって説明… ▼続きを読む

年齢と「調節力」、老視のはなし(2019.02.23更新)
こんばんは、身代わり蛙です。いよいよ花粉が本格的に飛び始め、眼や鼻がつらい季節になってきました。きょうは、お年を召された患者さんの誰でも気にされている、老眼と調節力の話をいたしますね(⌒∇⌒) 調節… ▼続きを読む

レーベル遺伝性視神経症について(2019.02.09更新)
こんばんは。身代り蛙です。きょうは関東南部でも大雪が降るかもという天気予報でしたが、幸いにも雪はほとんどなく、安心しております。しかしながら、災害予防の観点からは、すこしきつめの予報のほうがよいとも思… ▼続きを読む

アトピー性皮膚炎でよく見られる目の病気は?(2019.02.09更新)
こんにちは、身代わり蛙です。しばらくご無沙汰しておりました。今日は、アトピー性皮膚炎における目の病気について、解説してみますね(⌒∇⌒)。 アトピー性皮膚炎は、こどもによく見られるアレルギーで、成長… ▼続きを読む

病的近視・近視性網脈絡膜萎縮について(2019.01.09更新)
こんにちは。身代り蛙です。今日は、病的近視について触れてみます。 強度近視では、一般に豹紋状(ひょうもんじょう)眼底がみられますが、病的な近視ではさらに、黄斑部や視神経乳頭の周囲に、網膜色素上皮や脈… ▼続きを読む

おこさまの斜視とは(2018.12.22更新)
こんにちは。身代り蛙です。きょうは「おこさまの斜視」についてふれてみます。 斜視とは、両眼の眼の位置に異常があるために、目標に向かって視線が正しく行かず、両眼で同時に物を見ることができなかったり、片… ▼続きを読む

糖尿病はひそかに目にせまってくる病気です。(2018.12.21更新)
糖尿病網膜症は、本人も気づかないうちにじわじわと進行する、たちの悪い病気。そして、日本での失明の原因の1位が糖尿病網膜症です。失明と呼ばれる状態は、目の前で手を振ればやっとわかる程度の視力がある「… ▼続きを読む

どのくらいの年齢層の方が受診されますか(Q&A)(2018.07.31更新)
Q5:どのくらいの年齢層の方が受診されますか? A5:50~80歳の中高年齢層の方を中心に、学校の健診で異常がみつかったお子さんや、さまざまな目のトラブルを抱えた20~30歳代の方など、幅広い年齢層… ▼続きを読む

蕨駅・南浦和駅・浦和駅からのバス時刻表を教えてください。(Q&A)(2018.07.31更新)
Q4)蕨駅・南浦和駅・浦和駅からのバス時刻表を教えてください。 A4) 蕨駅西口・南浦和駅西口・浦和駅西口から「北町5丁目」までのバス時刻表を、掲載します。それぞれの駅のところをクリックしてくださ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME