メニュー

糖尿病網膜症の治療

いま 日本国内で糖尿病が疑われている人は約1000万人と言われています(2016年国民健康・栄養調査)。糖尿病の初期では自覚症状がほとんどないために軽視されがちですが、血糖が高い状態が続くことで、全身にいろいろな糖尿病の合併症を引き起こします。その中でも糖尿病網膜症は、眼科で詳細な検査を受けて初めて早期治療につながる病気です。(検診だけで満足してはいけない、という意味合いもあります)。

糖尿病網膜症は、始めは「単純型」、続いて「増殖前型」、さらに「増殖型」へと進みます。「単純型」では、網膜に小さな出血や毛細血管瘤が出てきます。この時期では、自覚症状がないことが普通です。「増殖前型」では、網膜血管のつまりが著明で、酸素を補おうと新生血管の増殖が起こりやすくなっています。この時期に網膜光凝固術を施行して、この増殖を抑えます。この時期を放置しますと、次第に「増殖型」に移行して、硝子体出血をおこしやすくなります。わたし(院長)はよく外来で、赤いペンキの缶をひっくりかえしたような出血とたとえています。

また、経過中に、糖尿病黄斑浮腫(網膜の中心がむくんでしまう)を合併することもあり、「網膜3次元画像解析検査(OCT)」を時々施行して経過をみることも必要です。詳しくは外来で院長にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME