メニュー

小児眼科外来

おこさまとともに

おこさまの眼の病気は多岐にわたっています。

屈折異常(近視・遠視・乱視)、斜視、弱視、さかさまつげ、ものもらい、はやりめなど、乳幼児から学童期にかけて、さまざまなことで受診されます。

眼科検査員が最初に丁寧に症状をお伺いして、その後医師診察の流れになります。
待合には、お絵かきセット・折り紙セットなど用意しております。

また、蕨市・戸田市在住のかたは、こども医療費受給資格証が使用できます。(近隣の自治体のかたは、領収書により、のちほど市役所・区役所で還付可能です)。

「おこさまの斜視とは?」

斜視とは、両眼の眼の位置に異常があるために、目標に向かって視線が正しく行かず、両眼で同時に物を見ることができなかったり、片方の眼の視力障害(弱視)をきたすことがあります。斜視は、生後6ヶ月から1歳くらいに発症することが多く、斜視眼の向きによって、内斜視外斜視、上下斜視などがあります。内斜視のうち、強い遠視がある場合は、眼鏡をかけることにより斜視を治すことができますが、それ以外の斜視では乳幼児期に手術を要することもあります。
 また、両眼の眼の位置は正常であっても、鼻の根もとが平たくなっているために、いかにも斜視があるかのように見える場合(偽斜視)もあり、鑑別が必要になります。
 眼の位置の異常が気になる場合に、ご家庭で撮られたスナップ写真も診断に役立ちますので、受診の際には写真をお持ちになっていただけますと、より正確な診断に役立ちます。
 
「調節緊張について」
お子様の近視(あるいは遠視)について、お悩みのご両親も多いかと思います。調節麻痺点眼薬を用いて、仮性近視の要素を取り除いた上での、真の屈折力を測定しております。+2.0ジオプタ―以上の潜伏性遠視がみつかる場合もあり、治療用に眼鏡処方を致しております。また、近視進行抑制の治療が最近話題になっておりますが、低濃度の調節麻痺点眼剤についてもご相談の上、使用を検討しておりますので、
詳しくは院長にご相談ください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME