メニュー

緑内障の治療

緑内障とは、視神経が一般よりも早く死んで いくことでおこる病気です。病気が進行すると視野が狭くなっていきますが、自覚症状が現れにくい病気でもあり、気づいた時には、もうかなり進行しているということもあります。早期に診断を受けることが重要な病気です。

治療について

緑内障の治療は、眼圧を下げることを基本にしています。点眼薬での治療やレーザーによる手術、外科的な手術があります。まずは、検査をして、治療方針を検討して治療方法を決めます。

一度失った視野を取り戻すことができない病気ですので、40歳を超えたら、定期的に眼圧検査・眼底検査・視野検査などの検査することをお勧めします。

「緑内障のタイプについて簡略的に・・・」

緑内障には大きく分けて2つのタイプがあります。房水の出口(隅角)が塞がれるため急に圧力が上がり、目の痛みや吐き気など、強い症状が急激に現れる「急性閉塞隅角緑内障」と、非常にゆっくりと(自覚症状がなく)視野が欠損していく、「開放隅角緑内障」があります。そのほか、眼圧が正常なのに、視神経が脆弱なために視野が欠けていく「正常眼圧緑内障」があります。緑内障の診断には、眼圧検査、眼底検査、隅角検査、視野検査、網膜3次元画像解析検査の組み合わせにより総合的に判断いたします。当院ではすべての検査が可能ですので、特に40歳以上で、眼の不調のある方は、ぜひ一度検査をお受けください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME