メニュー

白内障日帰り手術

目がぼやける・かすむ・まぶしく見える

目の中の水晶体(レンズ)が濁ることにより、目がぼやけたり、かすんだり、まぶしく見える病気です。加齢によるものが一般的に多いですが、そのほか糖尿病・アトピー・外傷などで、水晶体が濁ることもあります。水晶体の濁りが強い場合は、これを取り除いて、人工のレンズ(眼内レンズ)に置き換える手術が必要です。

白内障の手術を受ける前には、手術が問題なく行えるかを調べ、眼に合う眼内レンズを選ぶために、さまざまな検査を行います。一般的には、視力・眼圧・屈折・角膜曲率半径検査、眼底検査、細隙灯顕微鏡検査、角膜内皮細胞検査、眼軸長検査、内科検査(血圧・血液検査・心電図など)です。また、眼底が特に見えにくい場合は、網膜電位、視覚誘発電位を実施して、網膜が機能しているかを調べます。

現在当院におきましては、金曜日の午後1時より手術を実施しております。手術の翌日の土曜日と、次の週の月曜日には術後診察が必要です。また、保険適応の単焦点眼内レンズを主に取り扱っています。遠くに焦点を合わせれば近くを見るときに近用眼鏡、近くに焦点を合わせれば遠用眼鏡が必要になる場合があります。(保険適応外の眼内レンズの取扱いについては院長にご相談ください)。院長は勤務医26年間で、約3000例の手術を施行しております。手術は時間が早ければ良いというものでは決してありません。患者様の不安を解消すべく、丁寧な説明と手術を心がけていますので、どうぞご安心ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME